株式投資

株式投資

Pythonで株の分析:週足チャート、移動平均線の描画を基本から解説

今回は週足チャートと移動平均線の描画方法を基本から解説します。陽線や陰線が続くと上昇傾向・下降傾向を判断できます。一般的には3日連続する場合で傾向を判断することが多いので、数日分をまとめたローソク足チャートが描けると便利です。今回は1週間分をまとめたローソク足である「週足チャート」と傾向をもっと簡単に見ることができる移動平均線の描き方をお伝えします。
株式投資

Pythonで株の分析:ローソク足チャートのキホンのキホンを理解する

ローソク足チャートは、相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成するチャートです。今回は陽線と陰線の基本的な定義から始めて、まずは最も基本的な解釈の仕方から学んでいきましょう。
株式投資

Pythonで株の分析:ローソク足チャートの表示スタイルをカスタマイズする

mplfinanceを使ってローソク足チャートを描く際に、styleを変更する方法をご紹介します。あらかじめ用意されたスタイルを利用する方法と、自分でスタイルを作成する方法があります。mplfinanceを使ったローソク足チャートの描画について、わかりやすく解説していきましょう。
株式投資

Pythonで株の分析:ローソク足チャートを描画する

株価のデータ分析をする際に「ローソク足チャート」は重要な分析ツールの一つです。「ローソク足チャート」は、株価の始値、高値、安値、終値を表す四本値を使って、時系列にそって株価の動きを表現するチャートです。「ローソク足チャート」は、株価の傾向を把握するために非常に有用です。今回は「ローソク足チャート」の描画方法について基本から解説します。
株式投資

Pythonで株の分析:株価の時系列変化を見る

株価の時系列変化を可視化する方法について、初心者の方でも理解しやすいように丁寧に解説していきます。株価の変動をグラフで表現することで、傾向を把握しやすくなります。まずは株価の分析でよく使われる「ローソク足チャート」ではなく、折れ線グラフで傾向を把握することにしましょう。
株式投資

Pythonで株の分析:株価データを取得する

株価の時系列変化を分析するには、まず株価データを取得する必要があります。本記事では、Pythonを使って株価データを取得する方法を紹介します. Pythonのライブラリを使えば、簡単に株価データを取得することができます。
株式投資

Pythonで株の分析:環境構築(Windows11)

Pythonを使って株の分析を行う方向けに、venvを使った環境構築の方法を解説します。Pythonの実行環境はあるものの、株の分析用には独立した環境を用意することをお勧めします。本記事では、venvを使って簡単に株の分析用の環境を構築する方法を紹介します。プロジェクトごとに独立した環境を作ることはとても重要です。
株式投資

株式投資に知識0からチャレンジ:キャッシュフローで企業をパターン化

この記事はこんな方におススメです これから株式投資を始めてみようと思っている方 株式投資について、少しずつ学んでいきたいと思っている方 少額の投資から株式投資を始めてみたいと思っている方 ▶ 株式投資に知識からチャレン...
株式投資

株式投資に知識0からチャレンジ:決算書ってなんだろう?

今回は「決算書」について調べていきましょう。よく目にする・耳にする「決算書」ですが、決算書ってなんだか知っていますか?恥ずかしながら私はちゃんと答えられませんでした。まずはそこから調べていきましょう。この記事を読めば決算書が何かがわかるようになります。
株式投資

株式投資に知識0からのチャレンジ:成長性の基準

今回は企業の成長率について考えます。当然、中長期で保有する株式を選定するのであれば、成長性のある企業へ投資をしたいと考えるでしょう。では、「成長性」とはどんな指標で測るのでしょうか?成長性を測る指標は1つではありません。一つ一つ見ていきましょう。
株式投資

株式投資に知識0からのチャレンジ:割安・割高の基準

知識0から株式投資にチャレンジします。まずは何から学べばよいのか、銘柄を選ぶ基準の一つであるPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)の定義から確認をおこない、これらの指標をどのように使うのか、どのように使い分けるのか、について調べてみました。