2022-01

Python

統計学:初学者向けに統計的仮説検定を解説します

今回は「統計的仮説検定」を扱います。まず仮説を立て、仮説が正しいかを統計的に判断することをいいます。基本的な検定を紹介したあと、統計的仮説検定の流れまで説明します。この記事を読むことで、検定をどのようなものに適用できるか、どのようは手順でおこなうかがわかるようになります。
Python

統計学:初学者向けにPythonでt分布を扱う方法を基本から解説します

今回は「t分布」について扱います。t分布は標準化をおこなった際に母分散を不偏分散で代用した時の分布です。はじめにt分布のパラメータの確認をおこない、次に(近似をせずに)Pythonでt分布から直接、平均の区間推定する方法を解説します。
Python

統計学:初学者向けに「推定」について基本から解説します

今回は「推定」について扱います。統計学は大きく2つに分けると「記述統計」と「推測統計」に分かれます。「推測統計」は「推定」と「検定」に分かれます。今回は比率の区間推定、平均の区間推定の順に解説し、最後にPytyonで確認することにしましょう。
2022.01.15
Python

統計学:初学者向けにPythonで不偏分散を算出する方法を解説

今回は、「不偏分散」をPythonで求める手順を基本から解説していきます。母数を推定するのに使う統計量を「推定量」と呼ぶのでしたね。推定量の中には、不偏性を持つもの/持たないものとがあります。標本分散は不偏性を持たないため、母分散の推定量としては「不偏分散」を使います。
Python

統計学:初学者向けに母数の推定を基本から解説

今回は「母数の推定」について基本から解説していきます。推測統計の興味の対象は「母集団」でしたね。母集団を調査することはできないから「標本」から「母集団」を推定します。「母集団」の統計量のことを母数と表現するので、「母数の推定」をすることになります。
Python

統計学:初学者向けに推測統計を基本から解説します

今回は「推測統計」を扱います。限られた標本から母集団の特徴を推測するのが「推測統計」です。母集団をすべて調べることはできないので、標本を分析して母集団を推測する、ということになります。今回の記事を読むことで、「推測統計」の概要を把握することができます。
2022.01.09
Python

統計学:初学者向けに二項分布を基本から解説

今回は確率分布の一つとである「二項分布」を扱います。二項分布はいろいろな確率分布の基礎となる分布であり、正規分布をこの二項分布から派生したものです。二項分布はどんなものであるかの解説から初めて、Pythonでの実装までみていきましょう。
Python

統計学:初学者向けに標準化を基本から解説します

今回は「標準化」を扱います。データを集めたあと、その値が大きいのか、小さいのかを判断したくても、「尺度」が揃ってないと比較もできません。「標準化」をすることによって尺度をそろえ、比較することができます。標準化の定義を確認し、Pythonでの実装方法まで確認していきましょう。
Python

統計学:初学者向けにPythonで正規分布を扱う方法を基本から解説

今回は統計学ではおなじみの正規分布を確認していきましょう。正規分布はガウスが発見したので、ガウス分布とも呼ばれます。この正規分布は自然界でも多く見られ、統計学の分野でもよく使われる分布です。まずは定義から確認してPythonで確かめていくことにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました