Web

WordPress:CocoonテーマでGA4とUAを併用する方法を基本から解説

Cocoonテーマの最新バージョンでは、UAとGA4のトラッキングIDの入力欄が別々にありました。最新のバージョンを使ってUA/GA4のトラッキングIDを設定して使うようにしましょう。以下の内容は、旧バージョン時の対応方法となりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方におススメです
  • WordPressのCocoonテーマを使っていてまだGA4を設定していない方
  • UAとGA4を併用して使いたいが設定方法がわからない方

はじめに

2020年にGoogleからGoogle Analytics4(GA4)がリリースされ、さらに現行バージョンであるUniversal Analytics(UA)のデータ収集を2023年7月1日に停止することも発表されています。UAはデータ収集停止あとも、データを参照できる期間があるようですが、いずれ利用できなくなります。

GA4での計測は不安定であったりUAと異なる部分もあるため、UAからGA4に完全に切り替えてしまうのではなく併用するのがおススメです。今回はWordPressでCocoonテーマを使っている方向けに、UAを設定済みの環境にGA4を併用して設定する方法の解説をします。

GA4の設定

GA4の概要(UAとの違い)

GA4は一言で言うと、ユーザー行動の実態に合わせた計測へと「進化」しています。ユーザー行動の実態を計測するために、これまでUAではページビュー周りでの計測であったものが、GA4ではイベント単位での計測となります。

そのため、これまでUAで計測していたものがGA4で必ずしも取得できるわけではありません。前年比較などをするときは、UAのデータとGA4のデータを比較するのではなく、GA4同士で比較するほうが望ましいので、早めにGA4の計測を開始するようにしましょう。

UAとGA4を併用した設定

既にUAの計測をしている方であれば、「GA4用のトラッキングコードを発行」して、「UAとGA4を併用するためのコードを作成」「コードをWordPressに設定する」の3ステップとなります。

GA4用のトラッキングコードの発行

ここは以下の記事をみてすすめれば難しくないでしょう。GA4用のコードを発行するところまでをおこないましょう。

新しくなったGoogle Analytics 4(GA4)でのトラッキングIDの取得方法 | Will Style Inc.|神戸にあるウェブ制作会社
こんにちは、Designerの松並です。2020年10月14日、GoogleAnalyticsの大型アップデートが実施され、「Google Analytics 4 properties (以下、GA4)」という名称に変更されました。これまで...

(参考)
1.プロパティから「データストリーム」を選択

プロパティからデータストリームを選択

2.GA4用のトラッキングコードを発行

GA4用のトラッキングコードを発行

UAとGA4を併用するためのコードを作成

UAとGA4を両方設定するには、アクセス解析のコードを作成して設置する必要があります。既に設定済みのUAのコードに、今回新たに発行したGA4のコードを追加して1つのコードにします。このコードをWordPressに設定する必要があります。以下のブログがわかりやすいかと思います。

CocoonにトラッキングコードUAとGA4の2つ設定する
Cocoonは標準でGoogle Analyticsに対応してますがUAタグしか対応していません。今回はUAとGA4の両方を設定する方法を紹介します。

コードをWordPressに設定する

cocoonテーマの場合を例に説明します。

1.WordPressの管理画面にログインしてメニューから「Cocoon設定」を選択します。

Cocoon設定

2.「アクセス解析・認証」のタブを選択する

「アクセス解析・認証」タブ

3.ヘッド用コードの領域に作成したUAとGA4併用コードを設定する

ヘッド用コードを設定

上記の赤枠部分に、作成したUAとGA4を併用するためのコードを張り付けて「変更をまとめて保存」ボタンをクリックすれば完成です。

エラーが発生して設定できないとき

保存時に次のようなエラーが発生して保存できない場合があります。

閲覧できません(Forbidden access)指定したウェブページを表示することができません。入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

これが発生した場合は、以下の対処方法をご覧ください。
これはCocoon側の問題ではなく、サーバーのセキュリティ設定の問題のようです。WAFを設定していると、誤検知してしまうようです。

UAとGA4併用コードの設定時に一時的にWAFをOFFにすると設定することができます。設定後は、WAFをONにすることを忘れないようにしましょう。

以下、ConoHa WINGでのWAFの設定箇所をご案内します。

1.コントロールパネルにログインする
2.「サイト管理」メニューを選択する

サイト管理メニュー

3.「サイトセキュリティ」メニューを選択する

サイトセキュリティメニューを選択

4.WAFタブを選択してWAFの利用設定で「ON/OFF」を切り替える

WAFの設定
スポンサーリンク

まとめ

今回はUAとGA4を併用する設定について解説しました。GA4のトラッキングコードの発行などは迷うことはないと思います。併用する際にUAとGA4を合わせた1つのトラッキングコードに編集する点と、WAFをONにしていると、WordPressへのトラッキングコードの設定がうまくいかない場合がある点が要注意です。

コメント

  1. 通りすがり より:

    今のバージョンのCocoonには、UAとGA4のトラッキングIDの入力欄が別々にあります。

    最新バージョンのテーマを使いましょう。

    • rakuda より:

      ご指摘ありがとうございます。
      テーマをバージョンアップせずに使っており失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました